syoei

●第10回公演「小鳥女房」の戯曲が書籍化されます。
ポット出版より7月4日前後に発売、なんとDVDつき1500円+税!
「演出ノート」「SWANNY上演記録」が併録されます。

【帯寄稿文】
「銃弾を浴びよ」 高橋源一郎
近代劇は、イプセンの『人形の家』をもって始まる。ヒロインのノラは、自分が、いや女たちが閉じ込められていたことに気づき、たったひとりで、「家」の「外」へ出た。長い、女たちの闘いの最初の狼煙だった。それから百数十年、劇場の中でも外でも、闘いは次の段階に達した。女たちは、自ら武器をとり立ち上がったのだ。その先頭に、千木良悠子がいる。彼女(たち)が撃つ、表現のマシンガン、そのことばの銃弾を浴びよ。そして、その先にある死と再生の物語を見つめよ。
http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-86642-007-3.html

●刊行記念トークイベント決定!
「小鳥たちの革命」
千木良悠子×高橋源一郎
日時:2018年7月4日(水)20:00~22:00 (19:30開場)
会場:本屋B&B(下北沢)
ご予約・詳細はこちら
http://bookandbeer.com/event/20180708/