北村早樹子連続企画『気配』Vol.2 ×劇団SWANNY第1.5回公演 北村早樹子の「アイドルになりたい」

作・演出:千木良悠子 振付:寺田未来
衣装・アートディレクション:るみたん■日時:2012年2月17日(金)19:30open/20:00start
■場所:東中野ポレポレ坐 http://za.polepoletimes.jp/
■出演:北村早樹子、千木良悠子、寺田未来
■料金:予約3,000円 / 当日3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)までお電話いただくか、 Email : event@polepoletimes.jp までメールでお申込ください。

歌手の北村早樹子さんといっしょに、初の試みですが、コントを作ってみようと思っています。参考のために、年末年始はYou Tubeで「バナナマン」の奇跡のように素晴らしいコントを見たり、芸人が相方を交換してコントをやるTV番組「ドリームマッチ」を見たり、AV女優がノーパンでカルタ取りをするビートたけしの番組を見たり、調査研究に忙しかった。早樹子さんが、「私、じつはアイドルになりたかったんです〜」と以前に言ってたので、そういう粗筋の台本を書くつもりだったんですが、先日聞いたら「じつはアイドル興味ない」と言ってて、どっちだか分かりません。ダンサーの寺田未来さんを振付師としてお迎えして、笑いありダンスありのミュージカル風の作品にするつもりで、もちろん早樹子さんの歌もあります。盛りだくさんだね。どうぞご期待ください。( 千木良悠子 )

【プロフィール】
北村早樹子(きたむらさきこ)
1985年大阪生まれ。高校生の頃からピアノを弾いて歌いはじめ、
2006年にファーストアルバム『聴心器』を、
2007年にセカンドアルバム『おもかげ』をチューバディスクよりリリース。
2008年、上京。2009年、木村文洋監督の映画『へばの』の主題歌をつとめる。
2011年、豊田道倫氏プロデュースによるサードアルバム『明るみ』をwarabisco舎よりリリース。
最近では定期的に、一切どこにも放送されない完全現場型ラジオ番組「きたむらじお」なる活動をしたり、松本亀吉氏発行の『溺死ジャーナル』に私小説的な文章を発表したり、手作りシングル『マイクを握って』を自主制作したりしている。

千木良悠子(ちぎらゆうこ)
作家。劇団SWANNY(www.swanny.jp)主宰。
著書に「猫殺しマギー」、「だれでも一度は、処女だった。」など。